お茶を飲んでいる女性
公開履歴

アフターピルはピルの一種ですが、毎日服用することで計画的な避妊を行う低用量ピルとは使用方法が異なり、避妊が失敗したタイミングで用いる緊急避妊薬です。
一般的には低用量ピルよりもホルモン量の多い中用量ピルを用い、体内のホルモンバランスを変化させることで、排卵の抑制または子宮内膜を剥がして人為的に生理を起こし、受精および着床を不可能な状態にします。
通常はコンドームによる避妊の失敗や、性犯罪によって妊娠の可能性がある際に使用され、望まない妊娠を回避することが可能です。
ただし、使用するタイミングがいつでも良いというわけではなく、性行為から72時間以内がタイムリミットとされています。
72時間を超えると着床する可能性が高まり、避妊率は大幅に下がるため、使用してもほとんど意味がないと言われています。
72時間以内の使用で80%の避妊率となりますが、早いうちに使用すれば成功率は高まり、24時間以内であれば90%を超えます。
そのため、アフターピルで緊急避妊をする場合は、素早い対処をすることが大切です。

アフターピルは基本的に医師の処方薬となっているため、避妊が失敗して慌てて買いに行ったら売っていなかったということがないよう、予め処方してもらえる産科、婦人科などをチェックしておくと良いでしょう。
またネット通販で購入できるアフターピルで、アイピルというものもあります。
アイピルは病院で処方されるノルレボというアフターピルのジェネリック医薬品です。
ノルレボの値段はそれなりにするものですが、アイピルをネット通販で購入すれば値段を抑えられます。
万が一に備えるのであれば予めアイピルをネットで購入しておくのも良いでしょう。

アフターピルは最後の避妊方法なので、これに失敗すると着床して妊娠することになります。
望まない妊娠を回避するためにも、始めは医師の指導に従って正しい使用方法を習った上でしっかりと避妊するようにしましょう。
12時間の間隔で2回に分けて飲む方法がありますが、飲み忘れが多いので確実に飲むためにもタイマーなどを用意しておくようにしましょう。