お茶を飲んでいる女性
  • ホーム
  • 米国食品に認可されたアフターピルとIUSの特徴

米国食品に認可されたアフターピルとIUSの特徴

アフターピルとは、避妊に失敗したときに服用する緊急避妊薬のことです。
安全で効果があることから、米国食品から認可されたものです。
避妊に失敗したときにはできるだけ早い段階でアフターピルを飲まなければいけません。
従来のものは、2回飲む必要があり、副作用もつよかったです。
しかし、新アフターピルは効果が高く、1回の服用で避妊をすることができ、米国食品にも認められています。

低用量ピルも開発されており、負担をすくなくして避妊をすることができます。
女性の意思だけで避妊をすることができるので、望まない妊娠をしたいくない人は活用すると良いでしょう。
また、避妊のためだけでなく、月経をしっかりと規則正しく行うためにも使われています。
体調を保つことができ、メンタルを安定させることができるので肌にもいいとされています。

アフターピル以外にはIUSと呼ばれる避妊法があります。
IUSミレーナとよばれ、長期間の避妊をしたい人に適している方法です。
子宮がんの予防にもなり、器具が小さいのでいれるときの痛みもほとんどありません。
米国食品に認可されたピルと比較しても長期間の避妊ができたり、がんが予防できるのでIUSによるメリットもあります。

どちらの避妊方法を選ぶかは利用者の判断によります。
状況や予算に合わせて、適切な避妊方法を活用してみると良いでしょう。
ピルは服用したときの一回の避妊ですが、IUSは長期にわたって避妊ができます。
このメリットについて十分に考慮してみるといいです。
ピルを服用するときには、経過時間にかんして気をつけなければいけません。
効果を発揮するためには制限時間があるので、早い段階で病院にいくといいでしょう。