お茶を飲んでいる女性
  • ホーム
  • アフターピルが抱える問題

アフターピルが抱える問題

アフターピルとは、避妊のための対策を行ったことにも関わらず、やむを得ず、避妊に失敗をしてしまった時に使われるものであり、その名前の通り、アフター、後の避妊のための薬になります。
通常、性交渉などを行う際には、女性は低用量ピルなどを使い、または男性はコンドームなどを使って、避妊を行うことが常識でありますが、何らかの形で、避妊対策を行っていたにも関わらず、うまく避妊が出来なかったケースの際に、適用がされるものです。
このようにアフターピルは、緊急性のものであり、緊急の避妊のための薬として使用がされています。
もちろん、避妊行為をしているから、低用量ピルを飲んだから男性がコンドームなどを使わなかった場合は、当然、妊娠の確率は、当然大きく上がります。
そうでなくても、何かのことで、トラブルなどが生じてしまい、妊娠のリスクがあがってしまうことは、あることであります。

ただ、最初から、ピルもコンドームも使わずに妊娠はしたくないという場合には、当然妊娠などはする確率は上がります。
このような知識がない状態の風俗嬢やキャバクラ譲の問題が、産婦人科などでは、または教育現場などでも問題となっています。

アフターピルは上記とは異なり、対策をした方たちに使われるものであり、体の調子によっては、食欲などに影響が出てしまうケースがあります。
食欲が下がって、だるい感じが続くような人もいれば逆に、アフターピルの後に、食欲がアップして、体が重くなってしまったなど、個人差がこのように激しいこともあります。